宮本創始

人を助ける環境を創る
人を助ける人を育てる環境を創る
人を助ける人を助ける環境を創る
全ての人が「悔いのない価値のある人生」を謳歌する社会の実現のために、国民の倫理を向上するための活動をする。

目的は
「他に与えることを優先する世界の実現」
「社会システムの根本的な改善」
「もっとワクワクする、もっと美しい世界が見たい」
「社会を変えるために、国民を導く理想的なリーダーが育つ環境を創りたい」

そのために一緒に人生の叡智を学び活動する同志を、常に募集中。

【略歴】
アーユルベーダの教師をする両親のもとに生まれる。
明朗な幼少期を過ごすが、中学校に入った頃に“うつ状態”を経験する。
理想と現実の食い違い。こうなりたいのに、そうなれない。
上手くいかない友人関係、恋愛。
人気の無い自分。
浅く広い人間関係。
エネルギーが湧かない。
寝る事が生きがい。

・・・とにかく無気力な期間を過ごす。

そして中学2年生の頃に、人生を変える師と出会う。
師から頂いた学びを、学校で、家庭で、現実的に実践し続ける。
そして高校2年生の有るころ気づく。「過去の理想通りの自分になっている」と。

完全に、過去に夢見ていた自分になっていた。
校内の人気者になっていた。
深く、広い人間関係を築けていた。
やる気を待たずに、動ける自分になっていた。

そして確信した。 「叡智の学びと実践が、人生を変える」と。

その後も、師から学び続け、
イベントの企画と運営、飲食店の経営、関わる人への人生相談の中で実践し続け、今に至る。

そして思う。「私にとっての師のような存在に、私がなろう」と。
壊れた社会システムの被害者となり、かつての私のように、活力の無い若者が生まれてしまっている。
それを、どうにかしたい。本気で救いたい。
そして、活動を通じて、壊れた社会システムを根本から改善するために学び行動し続ける「同志」と繋がりたい。

「倫理向上」「悔いの無い価値ある人生」
このキーワードで、国民の方向性を根本から繋げ、本当に良い国を創りたい。

そのために、

●人を助ける環境を創る

●人を助ける人を育てる環境を創る

●人を助ける人を助ける環境を創る

これをテーマに、活動をしています。