バガボンドの名言の紹介と解釈1「お前の道を切り開け」

こんにちは!宮本創始です。

今日の名言の解釈はこちら。

井上雄彦さんの漫画「バガボンド」の主人公「宮本武蔵」の名言です!

 

僕ね、バガボンドすごい好きなんです。
一番好きな漫画です。
伝説の剣豪・宮本武蔵の話ですね。

バガボンドについて詳しくはこちら(Wikipedia)

バガボンドの公式サイトはこちら

 

武蔵の経験と成長に伴う「気付き」。
その「気付き」を表す描写と、言葉の言い回し。
それが「まさに適切」だと感じています。

おそらくは、作者の井上雄彦さんが漫画道を突き進む中で得た「気付き」を、
武道を突き進む武蔵に、当てはめているのではないかと、思っています。
自分が体験した事でなければ、あそこまで表現できない。そう思います。

 

その「気付き」に伴う言葉。つまりは名言が、素晴らしい。
同じ意味を表すのでも、膨大な数の言葉のパターンがあると思います。
その中で、この言葉をチョイスするのが、素晴らしいです。

井上雄彦さん、ぜひお会いしてみたいな~。

「バガボンド」ぜひ読んで頂きたい作品です。

 

さて、今回はこの名言を、RINRISM的に解釈していきます。

「お前の道を切り開け。 種をまけ、明日のために」

この名言は、後の弟子となる伊織に対して、武蔵が語った言葉だったと思います。

【前半部分:お前の道を切り開け】

僕は、人生において「目的」を常に持ち続ける事が、非常に大切だと思っています。

“目的”とは、“方向性”です。
「自分は、どの方向に、歩んでいきたいか」
これが目的だと思っています。

ちなみに“目標”とは、
その目的の方向性の上に乗った、ポイントであると思っています。

目的は線で、目標は点であると、思っています。

 

とにかく、
「こうしたい」
「こうなりたい」
「こういう未来を生きたい」
といった“目的”を常に持ち続ける事が、大切です。

なぜ大切か?
目的が無くしては、自分のやるべき事、学ぶべき事が決まらないからです。
目的が無くしては、良いも悪いも生まれなく、成長がないからです。
目的に従った、自らの成長がなければ、
目的の実現は有り得なく、
願望の実現は有り得なく、
それはもはや、自分の人生ではない、と思ってしまうわけです。

目的が無いと、
今ある関係性に、つまりは社会に、ただ受身で流されていってしまいます。

…単純に、そんなの嫌じゃないですか(笑)

目的は、常に持つべきだと、思います。
自らのエネルギーが湧きたつような目的を、常に持ち続けるべきだと、思います。
目的は大きくても、小さくても構わない。現実的でも非現実的でも構わない。
自分のエネルギーが湧きたつことが、最重要です。

 

たとえ小さいと思える目的でも、
それを達成したら、次に行けばいい。
それを繰り返すうちに、大きくなっていくものだと、思います。

また、目的は、変わってもいい。
もっとエネルギーが湧きたつ目的が見つかれば、変えた方が良い。

とにかく、常に、自分の目的を持ち続ける事が、
自分の人生を生きる上で、必要な事だと思います。

 

そういった意味合いを込めて
「お前の道を切り開け」
という前半部分があります。

お前の道、であることが大切で、
お前の道、を決める事が大切です。

 

【後半部分:種をまけ、明日のために】

道が決まる。
目的が決まる。
つまりは、自分が咲かせたい「花」が決まる。

それが決まったなら、
その花に育つ「種」を、まいていく。

いわゆる「原因と結果の法則」です。
その「花」になるのに、相応しい「種」があるように、
その「結果」を生むには、相応しい「原因」があります。

目的が決まり、
出したい結果が決まったなら、
その結果をだすための、原因を積み重ねる。

それは、
日々打ち込むべき作業であったり、
日々学ぶべき事であったり、
とにかく、目的、つまり生みたい結果に対して
相応しい人間に自分がなる。

創りたい未来のために、明日のために、
それに相応しい種を、今まける人間になる。

そうなるための行動を、僕は努力と呼びます。

学ぶことってたくさんあるし、
学べることは、いたるところに、膨大にあります。

 

…つまるはなし、目的が決まってしまえば
「あとは改善し続けるだけ」と、思っています。
改善を重ねる事に、間違いはありません。

「善」とは何か?
それは、目的、方向性が無くしてはきまりません。

目的に従って、より良くなる。
これが、「改善」だと思います。

目的を決め、目的に従い、改善を始めたら、

あとは、「速度の問題」です。

僕も頑張らないとなあ!(笑)

 

今日を、素晴らしい種をまく一日に、したいですね。

 

読んでくださり、ありがとうございました!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です