人生を好転させる情報との付き合い方6【理想的な環境を持つ】

宮本創始です。

前回の記事に引き続き、今回のテーマも【情報との付き合い方】です。

しつこいようですが、それだけ外せない、大事なテーマなのです。
情報との付き合い方で、人生は決まります。
人生の成功も、失敗も、これからのあなたの情報との付き合い方で決まります。

~前回のまとめ~
苦難を引き起こす原因となる〈思い違い〉を刷り込もうとするシステム。つまり洗脳のシステムが、社会には沢山ある。TVなどのメディアだったり、それが作り出す社会の常識だったり、当たり前のように間違った情報が溢れていて、それをそのまま信じていては、苦難だらけの人生になる。

だから、〈洗脳されない思考法〉を身に着ける必要がある。
自分自身に思考法という【ウイルスバスター(ウイルス対策ソフト)】をインストールし、身に着ける必要がある。
身に着ければ、嘘の情報に騙されず、真実の情報を選び、本当の人生を創っていくことが出来る。

というのが、前回の記事でした。

・・・しかしながら前回ご紹介した【思考法】。

急には出来ませんよね?

それはそうです。今までやってこなかった頭の使い方をしなくてはいけないのですから、それは当然だと思います。
これは、意識して、コツコツと実践して、身に着けていくしかないです。

でも、「身に着けるのを待っていられない」という事もまた、事実です。
時間は経っていきますし、人生は進んでいきます。
「人生を良くするなら、早い方が良い」
これは、全ての方にとって、同意見だと思います。

今回の記事では、情報との付き合い方という視点で、
「人生をより早く、より良くする方法」をご紹介します。

簡単に言えば「一瞬で良い情報と付き合える方法」です。

結論から言えば、それは「環境を改善する事」です。

 

【環境の重要性】

【人は誰しも、〈居る環境〉の情報の影響を受ける】
自分が生きる場所
自分と一緒に居る人
つまり〈自分が居る環境〉。

人は、その影響を大いに受けます。
その影響を受けて、今のあなたが居るといっても過言では有りません。
環境で、人は作られます。

例えばですが、
ほとんどの人は〈家庭環境〉の影響を受けています。

・親からの教育
・親の持っている常識
・親の教育方針
・親の考え方

などといった〈家庭環境〉の影響を大きく受けて、あなたは育ち、今日があります。

子供は親の背中を見て育ちます。
何もわからない赤ん坊のうちから、親のいう事を信じます。
何が良くて、何が悪いのか。
何をした方がよくて、何をしてはいけないのか。
お酒は良いのか?たばこは良いのか?
神様はいるのか?天国はあるのか?生まれ変わりはあるのか?
サンタさんはいるのか?いないのか?
勉強した方が良いのか?運動した方が良いのか?
堅実に生きた方が良いのか?冒険を望んで生きた方が良いのか?
など、

親の情報との付き合い方を、そのまま子供は受け継ぎます。
親が信じている情報を、そのまま子供は信じます。
誰しも、好きな人に好かれるように、なっていきます。
そしてDNA、遺伝を抜きにしても、子は親に似ていきます。

良くも悪くも、正しいことも間違ったことも、
自分の根本的な部分のほとんどは、家庭環境の影響で出来上がる。と言えます。
・・・これは誰しも思い当たることがあると思います。

 

他にも〈学校〉であったり〈仲良しグループ〉であったり〈会社〉であったり〈趣味のコミュニティ〉であったり、
人によって、接する環境があると思います。

〈家庭環境〉の影響は特に大きいですが
その他の環境も、あなたに大きな影響を与えています。

 

【類は友を呼ぶ】法則

人は皆、〈居心地がいいと感じる環境〉を求めます。
深夜のドン・キホーテに、なぜかヤンキーが沢山集まります。
市役所の職場には、安定を望む人が集まります。
宗教団体には、神さまを信じる、待ちの姿勢の人が集まります。

なぜか?その環境を〈居心地がいい〉と感じるからです。

ヤンキーと真逆の真面目な人が深夜のドン・キホーテに行ったら、怖いお兄ちゃんがいっぱい居て、居心地が良いどころか、逆に気分が悪くなると思います。そしてなるべく行かないようになると思います。

または、安定を望む人が、冒険を好む人の集まりに参加したら「居心地が悪い」と感じると思います。

とにかく人は皆〈居心地がいいと感じる環境〉を求めているのです。

そして居心地が悪い場所は避けます。
そして、同じ環境に、同じようなタイプの人が集まります。

つまり〈類は友を呼ぶ〉現象が起きるのです。

 

もっと言えば
これまであなたが「ここに居たい」と思ってきた環境の種類
これまであなたが「一緒に居たい」と思って生きた人の種類
つまり、今のあなたが良く行く場所、よく一緒にいる人。
「その類=あなたの類」であるといえます。
今のあなたが居心地が良いと感じる類が、あなたの類です。

自分の事は、自分では良く分かりませんが、
自分の周りにいる人を見れば、自分がわかります。

 

類は友を呼ぶ現象が起きると、どうなるのか?

その類を居心地が良いと感じる人が集まり、
その類に方向性にふさわしい情報が集まり、
その方向性にふさわしい目的・目標が生まれていきます。

・・・つまり、どういう事でしょうか?

例えば「ヤンキー・チンピラ」が集まる環境、コミュニティにあなたが属していたとしましょう。
そういう類の人と集まると、どんな情報がその環境で共有されるでしょうか?
大げさに言えば尾崎豊じゃありませんが「誰かのケンカの話」「先輩の武勇伝」「ナンパの話」とかを熱く語ったり、
もっと危険な集まりだと、麻薬の話しとか?話すのかもしれません。

そうやって同じ類の人と集まって、その類の方向性で情報が集まり、共有していると
今度は、その類の方向性の〈目的〉が生まれます。

例えばヤンキーが「~中学校のあいつらとのケンカで負けた」という話をしていたら、
「こんどみんなで仕返しに行こうぜ!」と、目的が生まれます。
そして、日時決めて、実際にケンカしに行き、
ケガをしたり、ケガをさせたり、警察につかまったりします。

 

・・・何が言いたいかというと
ヤンキーかどうかにかかわらず、
みんな、自分が居心地が良いと感じる環境に属していき
その環境にいるうちに、その環境の方向性の情報が共有され
そして、その環境の方向性の目的が生まれ、
そして、行動が決まって、
そして、人生が決まっていくという事です。

つまりは、環境の類(タイプ、種類、方向性)によって、

それに惹かれる、同じ類の人が集まり、

その類の方向性の情報が集まり

その類の方向性の目的が決まり、

その類の方向性の行動が決まり

その類の方向性の、人生になっていく

というわけです。

 

類は友を呼び
類は情報を決め
類は人生を決める

という事なのです。

 

「郷に入っては郷に従う」のが、人間

人は、環境に順応します。

例えば、
真面目君だったのに、ひょんなことからヤンキーの先輩に気に入られて、ヤンキーのいる環境に長い時間いるようになったら、
いつの間にかヤンキーになっています。

ヤンキーの言葉遣い
ヤンキーの常識
ヤンキーの行動
ヤンキーの興味
ヤンキーの目的

というのが、自然に身に着きます。

人間は、
「その環境の当たり前」に染まるのです。
その環境の情報に染まるのです。

人間に、この環境に順応する能力があるおかげで、
大昔から今まで、人類は生き残ってきたのかもしれません。

寒い国に移り住めば、そこに順応し
暑い国に移り住めば、そこに順応します。

それと同じように、
人間は、環境に、環境の持つ情報に、順応するのです。
人間は、いる環境に順応し、その環境に相応しい人間に変化していくのです。

 

ここからが大事です。

類が友を呼び、類が情報を決め、類が人生を決めるのなら、
いる環境に順応し、その環境に相応しい人間になっていくのなら、

「理想の類」がいる環境に移ることが出来れば、
居る環境を、より理想的な環境に変えることが出来れば、
集まる情報が理想的に変わり、理想的な目的に変わり、行動が理想的に変わり、理想的な人生になる。

と言えるわけです。

 

つまり、あなたに今「理想の人生」があるのなら。
つまり、叶えたい願望や夢があるのなら。実現したい目的があるのなら。
今いる環境から出て、環境を変えて、そのあなたの目的に相応しい環境に入ればいいのです。

 

・・・例えば、「起業して社会的に成功したい」という願望がある人は
起業して成功している人が集まる環境に入れば良いのです。

すると、どういう事が起きるのでしょうか?
その環境に居る人は、「起業して成功するために必要な情報」「社会的に成功するための当たり前」を持っています。
挨拶の仕方だったり、言葉遣いだったり、経営の考え方や感覚だったり、これから売れる商品の情報であったり、
起業して成功するための、情報、ノウハウ、感覚、思考法を持っている人が集まっています。

その環境に、入ってしまえばいいのです。
最初は、恥をかくかもしれないし、やる気のある人や頭のいい人ばっかりで、「居心地が悪い」と感じてしまうかもしれません。
でも、そこに居ればいいのです。
そこに居て、話をしたり、アドバイスをもらったり、たまには怒られたり、情報を共有しているうちに、
その環境にある「当たり前」に、あなたは順応していきます。
環境に適応し、順応するのが人間だからです。
そして、社会的に成功するための「当たり前」が、あなたの中に備わっていきます。
そこには、社会的に成功するための情報が集まっているのです。
時には話しているうちに、そこに居る人と目的が生まれます。
「君の会社とうちの会社で、こんなプロジェクト出来るとおもうんだけど、やってみない?」
などという話が生まれるかもしれません。
そして、その目的に進む中で、さらに学び、社会的に成功する人になっていくことが出来ます。

 

もっと簡単な例を挙げれば
「早起きしたいけど、早起きできない」という人がいたとしましょう。

この人も、それに相応しい環境を手に入れることで、早起きできるようになります。
例えば「朝ヨガの会」に、会員登録すればいいのです。

最初は朝起きていくのがきついと感じても、
その環境に居るうちに、友人が出来たり、気になる異性が出来たりして「頑張って早起きしなくちゃ」と思うようになります。
その環境に居るうちに「気持ちよく早起きするためのノウハウ」という情報も共有されることでしょう。
そして、頑張って通っているうちに、早起きしてその会で友達と会うのが楽しくなってきます。
そして、気付いたら、早起きできるようになっています。

 

・・・「簡単に言い過ぎだ」と、感じるかもしれません。
でも、環境を変えるという事で、出来てしまうのです。
環境の力を、利用すればいいのです。

 

理想的な環境に入れば、理想的な情報、理想的な当たり前がそこにはあり、
そこに順応するうちに、あなたの情報、あなたの当たり前も、理想的になる。

そういう事です。

 

今回のテーマに話を戻します。

「洗脳に溢れた社会で、どうやって情報と付き合って、人生を成功させるか」
思考法を身に着けようとすることはもちろんですが、それには大なり小なり時間がかかります。

では、どうしたらいいのか?
人生が成功している人がいる環境に入れば良いのです。

何をもって「人生の成功」と呼ぶか?それは人それぞれですが、
RINRISM的な人生の成功とは「悔いのない、価値のある人生」です。
こうだとしたら、その人生を生きている人を探し、その人の居る環境に入れば良いのです。

「人生の師」を見つける
こういっても良いです。
その人がいる環境に入ればいいのです。

しかしながら
インチキな人もいます。
嘘つき教祖もいます。
詐欺師もいます。

だから、しっかりその人の実績を見て、その人が今している行動を見て、
その人が目指す方向性を見て、
「本当に憧れる人」を探し、見つければいいのです。

世界には、素晴らしい人が沢山います。日本にもいます。
心から人を助けている人もいます。
心から成功者を誕生させたいと願っている人もいます。

大事なのは「心」なのです。
その心で思っている事と、言っている事と、やっている事が一致した人。
「心と言葉と行動が一致した人」を探し、
その人の方向性を、あなたが理想的だと感じるのならば、
その人を人生の師として、その人のいる環境に入れば良いのです。

 

とにかく、居る環境で、人生は決まります。
居る環境を変えれば、人生は変わります。

まずは難しく考えず、
「自分の理想的な人生に相応しい環境はどんなところだろう?」
と考えてみてください。
そして、その環境に入ってみてください。

入ってみて、居る人があんまり理想的じゃなかったりしたら、
また出て、より理想的な環境を探し、そこに行けばいいのです。

 

・・・大事なのは「憧れ」な気がします。
本当に「憧れ」られる人生を生きている人を探し、その環境に入れば良いのです。

 

 

この「環境」というキーワード。
本当に重要です。
RINRISMの記事でも、たびたび出てきます。

今回の記事でちゃんと理解できなくても、大丈夫です。
たびたび出てきて、ちゃんと説明するつもりです。

本日もありがとうございました。

No Responses

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です